フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 都電貸し切り柊姉妹お誕生会 | トップページ | 2014年、鷲宮神社の初日の出 »

2012年10月 1日 (月)

らき☆すた≒おん☆すて 千秋楽

台風の中、らき☆すた≒おん☆すて、千秋楽を見てきました。

なんていうか、ものすごくきちんと作られていて、感動しました。
黒井先生がでてきて、最初に左手で黒板に書き始めたとき、「おっ」と思いました。らきすたの登場人物の多くが左ききなんですよね。

そのあとに委員長として文化祭の出し物を決めるシーンのみゆきさんも、きちんと左手で黒板に書いていました。中の人が偶然左利きだったわけではないです。チョークをとるときに右手でとって左手に持ち直して書き始めたり、漢字とカタカナで字の大きさが大きく変わったり、中の人はもともとは右利きなんでしょうね。

 左利きののあたりは演出や脚本の人の力量なんだろうけど、キャストの人たちもらきすたのキャラをキチンと理解して、自分のなかで消化しているが目に見える形で伝わってきてました。みなみちゃんは、ゆたかを守るという基本スタンスがあるんですが、ミュージカルの演技のなかだけでなく、最後のキャストのあいさつの中でのちょっとしたやり取りでも、それが自然にすっと出てるんだよね。

そうじろうがそうじろうだった。美水先生が一番にあげていたのも納得。こなたがこなただった。ゆうちゃんが、ゆうちゃんだった。あと、あきら様が、本当にあきらさまだった。

 台風の中結構行き帰り、とくに帰りが大変だったけど、行けてよかった。おん☆すてで使った曲のCDアルバム、出ないかなぁ。

« 都電貸し切り柊姉妹お誕生会 | トップページ | 2014年、鷲宮神社の初日の出 »

らき☆すた」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514067/55787309

この記事へのトラックバック一覧です: らき☆すた≒おん☆すて 千秋楽:

« 都電貸し切り柊姉妹お誕生会 | トップページ | 2014年、鷲宮神社の初日の出 »