フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月26日 (日)

みゆきさん誕生日参拝

10月25日は、みゆきさんの誕生日。大酉茶屋の黒板の絵を見るべく、久しぶりに巡礼してきました。まずは、いつもの茶屋の写真から。

Chaya20081025_2

黒板には、予想通り、みゆきさんの絵が描かれていました。

Kokuban20081025

境内には、綿あめの屋台が出ていました。七五三でくるお子様狙いでしょうか。綿あめの袋は何種類かあり、そのうちの一つが「しゅごキャラ!」。聖地巡礼で来られていた方が、袋目当てに購入されたので、写真を撮らせてもらいました。

Wataame20081025

あと、あきら様とかがみんのコスプレをされている2人の女性レイヤーさんが来ていました。イベント日以外で、女性レイヤーさんを鷲宮神社で見るのは私は初めて。(男性のレイヤーさんは、イベント日以外でも何度かおみかけてします)。写真撮影とブログ掲載の許可がもらえたので、掲載します。

Cosplay20081025

引き続いて、絵馬の紹介。まずはもてぎさんの絵馬から。

Motegi049

Motegi050

Motegi050memory

もてぎさんへ私信:色紙、受け取りました。有り難うございます。家宝にします。

Shikishi20081025

では引き続いて絵馬の紹介。サンデーのもてぎさんの絵馬ネタ。

Hyoniru018

コスモスフェスタに関する絵馬も何枚かありました。

Konata057

Konata059

Kagamin055

みゆきさん誕生日関連の絵馬。一枚目は今日、自分で奉納した絵馬。

Miyuki025

Kagamin053

Tsukasa065

Miyuki023

Miyuki024

つづいて、nishi-Kさんの絵馬

Nishik20081011

Nishik20081012

Nishik20081019

つづいて、いろいろな手法で絵馬を作られている方の絵馬。

Kagamin056

Add041

Tsukasa067

比較的真面目な祈願絵馬

Konata060

Konata058

Kagamin054

Tsukasa066

足立淳先生の絵馬

Adachi20081012

Adachi20081021

痛凧流行祈願の絵馬も奉納してきました。痛凧あげ大会の時に撮影した凧の画像を切り出して、ドロップシャドウを付けたのですが、写真だと、小さな痛凧を絵馬の表面に貼り付けてあるようにも見えますね。

Miyuki026

家に戻ってから、枚数カウントがずれていることに気がつきました。痛凧絵馬が38枚目で、38枚目のみゆきさん誕生日絵馬は39枚目が正しいです。・・・まあ、どうでもよいことですが。

それから、また原画を頂きました。いつもありがとうございます。

Ovaimageillust220081025 

2008年10月18日 (土)

第一回痛凧あげ大会レポート

国営ひたち海浜公園内大草原で開催された、「第一回痛凧あげ大会」に行ってきました。

上野からスーパーひたちで勝田駅へ。

Katsutastation20081018

ここから、バスに乗り、

Bus20081018

海浜公園到着。

Hitachikaihinkouen200810

海浜公園、相当広くて、入り口から、大草原までが結構ありました。大草原は、こんな感じ。この写真は、到着してからだいぶ経ってからとったもので、木の近くで、星型の連凧を揚げているところです。

Takoagefield20081018

それでは、凧の紹介です。パルフェの花鳥玲愛。

Parufe120081018

Parufe320081018

大空を舞っている様子。この2つの凧は、紐の端を木にくくりつけたり、地面にくくりつけたりして、無人の状態で舞い続けていました。

Parufe20081018

花鳥玲愛 六角凧

Parufe220081018

Parufeflying20081018

ローゼンメイデンの水銀燈

Suigintou20081018

肉眼で見ると、揚げている最中はこんな感じです。望遠レンズが無いと結構きつい感じです。それから、バックの空の明るさで露出が不足気味になるので、限界いっぱいの+2まで補正を掛けています。
 コンパクトデジカメでとる場合は、解像度を目いっぱいに上げて、凧を中心に画像を切り出す(いってみれば、デジタルズーム?)が有効。

Suigintouflying

ハルヒ凧。駿河凧という種類の凧だそうです。図書館で設計図を入手し、障子用の紙を用いて作成したとのこと。色はコピックで彩色。とても安定して揚がってました。が、地上に降ろすときには、最後の最後で、ガッツン!という感じでハルヒらしいハードな着地をしていました。

Haruhikite20081018

Haruhiflying20081018

星型の凧。最初は、個別にあげていましたが、途中から連凧として4人つなげて揚げていました。

Luckystarkite20081018

飛行中は、凧がバタバタ暴れています。シャッターを連射モードにしてみんな頑張って撮っていました。

Luckystarkiteflying2008

柊姉妹凧。

Hiiragishimaikite2008101

痛凧大会凧

Itatakotaikai20081018

「凧じゃないものも揚げちゃっていいかなぁ?」という台詞とともに出てきたのが・・・

Ikakite20081018

イカ(笑。

庄和町の大凧揚げ祭りのリベンジとして出てきた、大きく作り直したハルヒ(団長凧)。20mほど糸を繰り出して飛ばしてみて、風が強すぎて危険と判断し、この後、地上で展示。

Danchokiterevenge2008101

拡大コピーした紙をそのまま凧に貼り付けて、耐久性のテストをされている方もいらっしゃいました。耐久性については、大丈夫そうだという印象とのこと。

Kimikisskite20081018

かがみん凧

Kagamin20081018

会場上空には、こんな感じに常に3~4個の痛凧が揚がっていました。

Itatakoflying20081018

揚がっている最中には音が鳴る仕掛けをつけている凧もありました。

最後に、帰る際にかがみん凧をお土産に頂きました。いまは、部屋の壁に飾られています。家宝です。

Giftofkagaminkite200810

動画をYoutubeにアップしておきました。

2008年10月 5日 (日)

「ハヤテのごとく!」、痛神輿掲載記念参拝

すでにネットでも話題になっているように、週刊少年サンデーの第44号(10月1日発売)の「ハヤテのごとく!」の中で、らき☆すたのキャラクター神輿、通称痛神輿と、もてぎさんの絵馬が描かれていました。そのなかで、「何人に通じるんだ その本気は・・・」という台詞があったので、「その本気、通じました」という報告絵馬を奉納してきました。

大酉茶屋の前の黒板にも、サンデーの件がネタになっていました。

Kokuban20081005

もてぎさんの絵馬でも、48.5枚目にサンデーの件がとりあげられています。

Motegi047

Motegi048

Motegi0485

そのちょっと下くらいに、絵馬を奉納してきました。見直すと、結構誤字が沢山・・・。

Honki001

いま、もてぎさんの絵馬のあたりは、こんな感じです。

Motegiarea20081005

大酉茶屋の並びにある酒屋さんには、らき☆すた煎餅が入荷していました。なんでも、本日入荷したばかりとのこと。1箱購入。630円。

Rakisenbei20081005

土師祭の時の一般向けのTシャツはまだ在庫があり、魚光のならびのナリタさんで購入できます。店のガラスに、ファンが描いた宣伝のイラストが貼られています。

Logoiritshirts20081005

Tシャツもショウウインドウに並んでいるので、お店は簡単に見つかると思います。

Windownarita20081005

では、ふたたび絵馬の紹介に戻りましょう。10月7日が美水かがみ先生の誕生日ということもあり、それを祝う絵馬もありました。

Hyoniru017

かがぶーの絵馬。

Kagaboo001

柊姉妹絵馬

Nishik20080927

Nishik20081005

みゆきさん中心の絵馬を揚げている(亜)さんの絵馬。

Miyuki022

その他

Konata056

Kagamin051

Kagamin052

今日は、なぜか痛車が多かったです。痛車といっても、ワンポイント的にステッカーやカッティングシートを貼っているライトなモノから、ボディ全体にイラストがちりばめられた、檄痛車まで様々でしたが、それらをひっくるめて、瞬間的に10台以上の痛車が駐まっているときもありました。

最後に、落ち葉が舞い落ちて秋の気配が濃くなった境内の写真で締めたいと思います。

Keidai20081005

でわでわ。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »